.htaccessを使ってリダイレクトしよう

Google が推奨する「安全なサイト」を表示するために、SSLを使って暗号化して送信するためには、URLをhttps://www.abcdefg.com のように表示したい。

コンテンツをアップするときに、テキストファイル「.htaccess」を利用してのリダイレクトの設定をしよう。その場合、まずはサーバー設定に常時SSLの手続きを完了してから始めます。

独自ドメインabcdefg.com のURL「http://abcdefg.com」 にアクセスがあったときに「http://www.abcdefg.com」へ。さらに「https://www.abcdefg.com」へ転送されるように設定する。

Google は独自ドメイン「abcdefg.com 」を認識するときに「wwwあり」「wwwなし」の2通りのURLをそれぞれ1つのサイトと認識します。同じコンテンツで2つのサイトができてしまうとSEO的にとても不利になるようです。なのでこの3通りのどれにアクセスしても1つのサイト「https://www.abcdefg.com」と表示されるように上記のようにリダイレクト設定をします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です